2013年12月アーカイブ

日本など世界中でフラッシュモブが行われている。ステージも何もない場所でゲリラ的に突然ダンスなどのパフォーマンスが始まり、そこに居合わせた人々を楽しませる。年齢やダンス経験の有無に関係なく、面識のない人々が集まってパフォーマンスを行う。結婚式や誕生日のサプライズとしてフラッシュモブが企画されることもあり、日本でもフラッシュモブが広がっている。 「フラッシュ(Flash)」は「閃光、閃き」といった突然現れる出来事を意味し、「モブ(Mob)」は「統制がとれない群衆、暴徒」という意味を持つ。2つの単語を組み合わせたフラッシュモブは、突然現れた群衆(多数の人々)によって行われるパフォーマンスという意味であると考えられる。 
フラッシュモブ(Flash Mob)はインターネットを通じて呼びかけられた不特定多数の人々が、公園や広場、公共の場など様々な場所でダンスや演奏などを行うパフォーマンスを指す。面識がない人々がインターネット通じて集まりフラッシュモブ動画を行い、パフォーマンスが終わると何事もなかったように解散する。フラッシュモブに政治的なメッセージは含まれず、集まった人々やその場に居合わせた人々を楽しませることを目的とする。
中学は義務教育の一環である以上、一定の科目のみを専攻させることを控えています。

中学受験の段階において、美術を専門とする学校の存在や志願者も極めて少ないのが実情です。絵を描くことが好きだったり、ものを作ることを何よりも得意とする生徒たちにとっては、美術という教科を受験科目として選択したいところですが、現実は、国語、算数をはじめとする主要科目が中学受験の必須科目となっています。
そのため、中学受験に取り組んでいるうちに、創作活動への関心が薄らいでしまう可能性もあります。

一方、美術は、受験勉強の合間を縫って取り組むことの出来る気分転換の役割も果たします。
勉強から離れてテレビを観たり漫画を読んだりするのと同じ感覚ですので、むげに触れることを遠ざけたり、合格するまで筆を持たせないといったことのないような対応が必要です。
絵を描いているうちに効率的な勉強方法を頭に描くことさえできます。

また、自身の創作活動だけに限らず、鑑賞することもその一環ですので、心を穏やかに保つ清涼剤にもなります。
受験科目だけにとらわれない大らかな才能つくりを目指したいところです。
スポーツをしていると、どうしても体の痛みが出てきます。
筋肉疲労などもあり、そうすると負担がかかりやすのが足です。
特に膝というところは、体重を一旦乗せて、ジャンプなどもしますし、剣道では膝に一瞬の重みを付けて、
相手へ打ち込むということをするのです。
ゆえに、膝の痛みが出てしまうのは当たり前でしょう。
また、仕事などでもそうです。
膝へ力を入れて重い荷物などを運んだり、組み立てたりします。
足場の悪いところでは、膝への負担もかなりのもの。
膝の痛みを我慢して、何もしないとうのは一番いけません。
健康に、そして毎日を過ごすのならば、湿布を使用することも大切です。
筋肉疲労も、この湿布薬でかなり良くなります。
少しでも改善をしたいのならば、上手に痛みと付き合い、そして湿布薬と付き合うようにしましょう。
どうしても改善されないときは、整形外科や整骨院などへ行き、体のメンテナンスをしてもらいましょう。
我慢せず、痛みとも前向きに付き合うのも、大切です。

詳細は膝の痛み で書かれています。

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30