杏林大学医学部の化学

| トラックバック(0)

杏林大学医学部の化学は、近年、易化傾向となっています。以前は、数学のように「時間内に解ききれない程の問題量」だった時もありましたが、その頃に比べると、現在は問題量が減ってきています。そのため、杏林医学部の化学で合格点を取るためには、高得点が必須になります。しかも、1題あたりの問題文が非常に長い問題も出題されます。その問題文が分かりづらく、内容を読み取るのに苦労するのもあります。そのため、ここでは読解力が必要となってきます。問題文を読み、何を問われているのかということを、素早く理解しなければなりません。

 

私立医学部の典型題にしっかりと解答できれば、解くのに苦労することはないでしょう。私立医学部の典型題を、いかに手際よく処理できるかがポイントになります。そのためには、より時間をかけずに計算できるように、工夫することも必要です。問題集の解説を読む時は、正解不正解だけを見るのではなく、より早く解ける方法もチェックしておくといいでしょう。全分野から幅広く出題されているため、対策としては、教科書レベルの知識は確実におさえておく必要があります。反応速度や化学平衡を出題されているため、入試問題集を繰り返し解き、解法を頭に入れておかなくてはなりません。

 

慶応進学会フロンティア

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、ysato002が2015年4月21日 12:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「30歳代女性の『婚活』の厳しい現状2」です。

次のブログ記事は「東大・京大・国公立医学部現役合格者成功法『強者の戦略』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30