教育の最近のブログ記事

杏林大学医学部の化学は、近年、易化傾向となっています。以前は、数学のように「時間内に解ききれない程の問題量」だった時もありましたが、その頃に比べると、現在は問題量が減ってきています。そのため、杏林医学部の化学で合格点を取るためには、高得点が必須になります。しかも、1題あたりの問題文が非常に長い問題も出題されます。その問題文が分かりづらく、内容を読み取るのに苦労するのもあります。そのため、ここでは読解力が必要となってきます。問題文を読み、何を問われているのかということを、素早く理解しなければなりません。

 

私立医学部の典型題にしっかりと解答できれば、解くのに苦労することはないでしょう。私立医学部の典型題を、いかに手際よく処理できるかがポイントになります。そのためには、より時間をかけずに計算できるように、工夫することも必要です。問題集の解説を読む時は、正解不正解だけを見るのではなく、より早く解ける方法もチェックしておくといいでしょう。全分野から幅広く出題されているため、対策としては、教科書レベルの知識は確実におさえておく必要があります。反応速度や化学平衡を出題されているため、入試問題集を繰り返し解き、解法を頭に入れておかなくてはなりません。

 

慶応進学会フロンティア

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち教育カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはネットです。

次のカテゴリは日記です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30